「死ぬ気でやる」を改めて、考えてみた

メンタル超変革コーチ・松尾英和です。

よく「死ぬ気で、がんばる」、「死ぬ気で、やる」みたいな表現って

口にすること、目にすること、聞くこと、あると思います。

 

そして、僕は「死ぬ気」という言葉について、今まで、このように考えていました。

「その瞬間を死んでもいいと思う気持ちでがんばる!」

と。

 

でも、ちょっと、違う解釈もあるのかな、と思ったのです。

それは、、、

 

「死ぬ日を設定してみる」という生き方

このサブタイトルのまま、なのですが

デッドライン(締め切り)を設定するように

「●月●日に死ぬ」という設定をしてみるのです。

 

と言っても、あまりにテキトーな設定だと、意味がないので(笑)

できれば

「コレできたら、死んでもいいわ!」と思えるようなそんなコトがいいな、と思います。

 

もしくは、逆にネガティブな設定で

「来月の支払いが苦しくて、死ぬわ〜」と思っていたとしたら

来月末で死ぬ、と設定してみる。

 

そしたら、、、

もし、本当に、その日で、人生が終わるとしたら、、、

 

恐らくですが、今日の過ごし方って、変わりません?

 

もしくは、来月とか、その期限までに

本当に大切なことをやろうとするのではないでしょうか?

 

そして、そもそも私たちは

✅生まれた以上は、必ず死ぬ

✅そして、いつ死ぬかわからない

という「絶対的な設定がされている人生ゲーム」を生きているのです。

 

本来は、毎日、毎日が

「死ぬ気で生きる」ということが、できてもよさそうですが

どうしても「いつ死ぬかわからない」から、どうしても、大事ないろんなことが先延ばしされたり

どうでもいいことにばかり注力してしまったり、が起こるのでしょう。

 

「死ぬ日を設定して生きてみる」

そんな枠組みで、今日からの人生を生きられたとしたら

大きな変化、成長が起きていきそうです^^

 

「死ぬ気で生きる」とは、こういう意味があっても、いいかもしれません。

 

そして、あまり重た過ぎないように、死生観を考える上で、こちらの書籍も、オススメです^^

あした死ぬかもよ? あした死ぬかもよ?

1,296円
Amazon

 

「死ぬ気」になったら、どんな生き方になりますか?
【松尾英和公式無料メルマガ】 理想の未来と自分を創る